増大サプリの基礎知識

巨根になる方法6選!デカチンを目指して脱短小ペニス!

この記事では巨根になる方法についてご紹介します。
男性ならではの悩みで、ペニスが小さくてコンプレックスになっている人もいるのではないでしょうか。

巨根になる方法が知りたい。
短小ペニスと女性に言われたことがある。

自分のペニスが小さいなと悩んでいる人は、意外にも多くいます。
女性がオーガズムに達するには、ペニスが十分な長さがあって、刺激をする必要があるのです。
そこで、ペニスを大きくする方法について解説していきます。
短小ペニスを別れを告げたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

巨根になる方法|増大サプリ

まず巨根になる方法は、ペニス増大サプリを飲むです。この方法は、とてもおすすめです。なぜなら、ペニス手術のようなリスクがないのに、チントレなどに比べて効果が高いというものなります。ペニス増大サプリには、ペニスが大きくなる栄養素がたっぷりと含まれているのです。具体的には、「シトルリン」や「アルギニン」という成分が多く含まれているのです。これらの成分は、ペニスの血流を増大させて、ペニスが大きくなるのを助けてくれるのです。ですから、最もおすすめするペニス増大の方法になります。さらには、チントレとペニス増大サプリを合わせるともっと効果が出てきます。しかし、増大サプリには多くの種類があります。その中でも、効果のないものも含まれているのです。ですから、しっかりと効果のある増大サプリを選ぶ必要があります。注意としては、成分表にシトルリンやアルギニンの名前が無いものや、レビューの少ないものは買わない方がいいでしょう。成分表にないものというのは、シトルリンやアルギニンが入っていたとしても少量のものになります。それでは、期待する効果は得られないのです。増大サプリの効果の理由としては、血流を良くする以外にも、一酸化窒素が含まれているということがあります。ペニスが大きくなるには、一酸化窒素という血管を丈夫にしてくれる成分が必要なのです。

巨根になる方法|チントレ

続いて、巨根になる方法としてチントレがあります。チントレとは、チンチンのトレーニングになります。つまり、ペニスを大きくするトレーニングになります。チントレにはいくつか方法がありますが、中でもおすすめなのがミルキングになります。ペニスが大きくなるまでに少し時間がかかりますが、リスクも少ないですし、手術などで無理やり大きくするわけではないので、体に優しい方法です。また、少しずつペニスが大きくなっていく過程を楽しめるというのもメリットですね。

ミルキングは、ペニスの根本を抑えて、血流を促すという方法になります。そもそもペニスが勃起するのは、ペニスにある海綿体という血管が太くなるためです。つまり、ペニスの血流が良くなると、大きくなるのです。そして、このミルキングという方法は、ペニスの血流を良くする方法なのです。ミルキングの方法は、まずペニスを勃起させます。そして、勃起したペニスの根本を親指と人差し指で握ります。そして、その後に、他の指も順番に握っていくのです。この動作を続けるだけです。乳しぼりの要領で、血流をペニスに送り込むというイメージになります。

さらには、このようにペニス自体のトレーニング以外でもペニスを大きくする効果が期待できます。それは、例えば、太ももやふくらはぎを鍛えるスクワットなどのトレーニングをするだけでも、下半身の血流が上がり、結果としてペニスが大きくなるということが起きるのです。自分の体も鍛えることができ、ペニスも大きくすることができるので一石二鳥になります。このようにチントレは、簡単にお金をかけずに行うことができるものになるのでおすすめです。

もし、少しでも巨根になるしたいと思ったらまずは、増大サプリと併用して大きくしましょう。チントレと一緒にすることで、さらに相乗効果があるのでとてもおすすめです。チントレは名前の通りシンボルをトレーニングして大きくするという方法でお金もかかりませんし、安全に手軽に大きくできるのでこの2つを組み合わせて大きくしてくださいね。

巨根になる方法|増大器具

次に紹介するのは、増大器具などのグッズを使ってペニスを大きくする方法になります。ペニスを大きくする器具というものが売られています。もちろんアダルトグッズとして販売されているので、一般のお店では販売されていません。ネットの通販などで購入することができます。これも増大サプリやチントレと同じく即効性はないですが、自分のペースで手軽に行えるのでおすすめの方法です。増大器具といってもいろいろあるのですが、人気があるのは増大ポンプと引っ張り器具です。

まず、増大ポンプはポンプの吸引力でシンボルに強制的に血液を集めることでシンボルを膨らませる器具です。この器具を使って強制的に血液をシンボルに集めさせます。ポンプの力で膨らませるため、効果は高いですね。増大ポンプも種類が2つあるので、好きな方を選んでください。ただ、器具を使って無理やり大きくさせるので、やりすぎるとシンボルが黒ずんだり、怪我をする可能性があるため、無理は禁物です。安全な範囲で毎日少しずつ鍛えていくことをおすすめします。

もうひとつは、ちんこを引っ張る器具です。これは、引っ張り続けて効果を発揮するため、仕事のときも寝ているときもずっと装着しなければいけません。意外としっかりとした器具なので、つけていると周りから分かってしまう可能性があるため、服装を選ばなければいけません。家にいるときや寝ているときはいいですが、仕事をしているときは、人に見つからないようにしてくださいね。

増大器具の引っ張る器具としては、「アンドロペニス」が有名です。アンドロペニスは、海外で医療機器として認められている有名な器具になります。ペニスが小さいときに挿入して、アンドロコンフォートバンドに通して、カリ部を締め付けるとういものになります。ペニスは人から見られることがないので、いつでもどこでも付けることができます。仕事の時でもプライベートな時でも、こっそりと付けて、ペニスを大きくすることができるのです。アンドロペニスの効果としては、口コミで1か月で3センチも大きくなったという話もあります。しかも一人だけではなく、何人もの人が効果を実感しています。ただ付けているだけでペニスが大きくなるので、とてもおすすめです。アンドロペニスは、Amazonで¥24,476で売っています。なぜ、アンドロペニスで大きくなるかというと、ペニスを引っ張ることで、ペニス全体の内面組織を強化して、ペニスの海綿体を成長させてくれるからなのです。効果が出てくるのは、少なくとも1週間は使ってみて、大抵の人は1か月くらい使ってみての効果になります。

巨根になる方法|増大を促す食べ物を摂取

チントレなどトレーニングをして大きくする方法もありますが、食べ物で大きくすることもできます。食べ物を食べるだけなので、安全性はかなり高いですね。また、どのようなことでもそうですが、食べ物を変えるだけで効果がアップしたり、改善することがありますよね。ペニスを大きくするには、やはり、食べ物も非常に重要です。チントレは時間がなくてできない、器具は痛くて怖いという人は食べ物を変えてみることをお勧めします。

では、ペニスに効果がある食べ物は、にんにく、たまねぎ、ニラです。どれもスーパーなどで簡単に手に入るため、購入するのに困るものはありません。また、比較的料理に使いやすい野菜ばかりなので、自炊しているなら簡単に料理に取り入れることができますね。特ににんにくは効果が高いといわれているのでにんにくを積極的に食べましょう。にんにくは亜鉛が豊富に含まれており、この亜鉛は男性の性機能、性欲向上に不可欠な栄養素で不足すると、勢力が減退するといわれています。それくらい、男性にとってはとても大切な栄養素なので、できるだけ頻繁にとってください。

また、アリシンもペニスの血流アップに効果的なので、アリシンを積極的に食べてください。たまねぎもアリシンがたくさん含まれているので、たまねぎも男性のシンボルを大きくするのに効果的です。ほかにもオクラ、納豆、ヤマイモ、モロヘイヤ、めかぶなどねばねば、ぬるぬる系も効果があるといわれているので積極的に摂ってくださいね。

巨根になる方法|オナニー

一般的には、オナニーをするだけでは射精してしまい男性ホルモンが放出されてしまうので、ペニスが大きくなることはありません。しかし、あることに注意しながらオナニーをするとペニスを大きくすることができるのです。その方法とは、亀頭を刺激してオナニーするという方法になります。亀頭を刺激することで、興奮して、男性ホルモンが多く分泌されるので、ペニスが大きくなることができるのです。さらには、亀頭を刺激したとしても射精してしまっては、男性ホルモンが放出されてしまいます。そこで、射精をしないでするオナニーというものがポイントになってきます。それは、寸止めをするオナニーをする方法になります。この方法だと、男性ホルモンが多く分泌されて身体の中にとどめておくことができるので、ペニスを大きくすることができるのです。そして、この寸止めのオナニーですが、やってみるとやみつきになってしまいます。寸止めをして、しばらく置いておくと、落ち着いてくるのでまたオナニーを始めます。そうしていると、身体が気持ちの良い状態が続いているので、さらに気持ちよくなるのです。寸止めを繰り返すと、ペニスの方も刺激に対して強くなります。おすすめのオナニーの方法になります。

巨根になる方法|増大手術

クリニックで巨根になるするのは、実はそこまで珍しいことではないです。ですが、増大手術は危険が伴うなので、あまりおすすめできません。では、どんな方法で大きくするのかその種類を紹介します。

まずは、増大注射です。これはヒアルロン酸をちんこに注射して大きくする手術です。大きくするための注射にかかる時間は約10分ほどなので本当に手軽に簡単に大きくできます。ただ、手軽な分デメリットもいくつか紹介します。それは、ヒアルロン酸は時間がたつと体に吸収されてしまい、元のサイズに戻るので永遠ではないところです。ただ、最近では、吸収されない、「アクアミド」を注入して大きくする方法もあります。これなら半永久的に効果が持続するのですが、費用は10万~30万円するので、手軽にできるものではありません。ヒアルロン酸よりもアクアミドの方が値段が高いので、値段のことを考えるならヒアルロン酸の方が手軽です。

また、埋没陰茎長茎手術という本格的に行う手術もあります。これは、体に埋まっているちんを引っ張り出す手術です。メスを使うので当然リスクがあります。この手術を受ければ5センチくらいは大きくすることができるのでリスクはあるのですが、効果が大きいのでおすすめです。費用は平均30~40万となっています。